【近日配信予定】電子音響音楽家シリーズ第3回 上原和夫

電子音響音楽家シリーズ第3回 上原和夫 〜国際交流の展開〜
コネクタテレビにて近日配信予定です(恐らく年内中に)。
http://www.connectortv.net/
 
上原和夫氏の66年間の人生は、15分の尺では到底収まるはずもなく、ニューヨーク時代のお話、幼少期の貴重なお話など、断腸の思いでカットした箇所が多々あります。というわけで言い訳ですが、、編集にずいぶんと時間がかかってしまいました。

私が電子音響音楽(ミュージックコンクレート)の作品を作り始めて25年程ですが、上原さんからすれば私なんかは、まだまだヒヨッコなのだろうなと、インタビュー中に思い知らされましたね。

上原さんの日本の電子音響音楽/コンピュータ音楽への功績は数えきれませんが、ご本人もお話されているように国内での音楽祭の企画が、やはり大きな功績なのではないでしょうか。
私も「コンピュータ音楽の現在」「ICMF国際コンピュータ音楽フェスティバル」「デジタルミュージックフェスティバル」などの企画に関わっていましたが、当時から感じていたのは、上原さんはこの分野の音楽を本当に広めたいと考えている、という事です。

また音楽際の演目も、所謂・実験前衛的な音楽だけではなく、民族音楽等を交えることで、「親しみやすさ」を考えたていらっしゃったのではないかと。確かに、上原イベントは一見すると雑多な印象を受けなくもないのですが、しっかりとした考えが反映されていたんだと思います。

「この分野の音楽を広めたい」という気持ちは私も同じで、だからコネクタTVの電子音響音楽家シリーズを手がけたり、ワークショップを開催したりしているわけです。
一応、私も上原さんから教わった者の一人ですが、その辺の思想だけは上手く継承できているのではないかと思います。


Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=s52ON-kn1L8



上原和夫プロフィール

上原和夫
1949年大阪生まれ。1971年渡米、1973年までニューヨークで創作、公演活動。1973年NYの現代芸術の拠点The KITCHEN で個展。NYタイムズ紙で音楽評論家ジョン・ロックウェルの好評を得る。1983年ブールジュ国際電子音響音楽コンクール入賞。1984年アルスエレクトロニカにて作品上演。1990年にミュージック・フロム・ジャパン・コンサート委嘱作品でニューヨーク州芸術評議会のグラントを得る。国際コンピュータ音楽会議ICMC93東京、95カナダ以降99北京まで毎年作曲部門入選上演。ICMC94コミッション賞審査員。ICMC96香港審査員。近年国際交流基金の派遣等によりフランス、ポーランド、ブラジル、ロシア、ブルガリア、韓国他で公演を行い好評を得る。
1998年神戸ジーベックホールでICMF国際コンピュータ音楽フェスティバルを企画、日本で初めてアクースモニウムを設置し紹介した。CD作品「ASSEMBLAGE」(OMEGA POINT)「COSMOS I」(AIR)「禅問答」(Moon Bridge)等。著作「コンピュータ・ミュージックの世界」(サイエンス社)「コンピュータと音楽の世界」共著(共立出版)等 現在、大阪芸術大学音楽学科、大学院芸術研究科教授。

スポンサーサイト

「?!身の回りのモノで音(楽)を作る!?」

2015年4月11日(土)
大阪芸術大学 あべのハルカス・スカイキャンパスにて、
「?!身の回りのモノで音(楽)を作る!?」と題した、電子音響音楽の制作入門ワークショップを開催します。

おかげさまで、定員に達しようとしていますが、まだ大丈夫です。
ご興味あってお時間ご都合宜しい方、是非!

================================================
芸通レクチャーワークショプ最終版


・タイトル:
大阪芸術大学 電子音響音楽ワークショップ
?!身の回りのモノで音(楽)を作る!?

・日時:
2015年4月11日(土)12:00~19:00

・概要:
あべのハルカス・スカイキャンパスにて、「?!身の回りのモノで音(楽)を作る!?」と題した、
電子音響音楽の制作入門ワークショップを開催します。

電子音響音楽とは、1940年代後半~1950年代初頭にフランス・ドイツで誕生した音楽です。楽器の音だけでは無く、電子音、人の声、日用品を叩く音、こする音、ひっかく音、町の騒音など、様々な音を素材に作られる音楽です。当時はレコードやオープンリールのテープレコーダーを使用して制作されていましたが、後にコンピュータを使用して制作されるようになりました。IT技術の発展により、現在では家庭にあるパソコンでも制作できるようになりました。

このワークショップでは、パソコンを使用して“楽器では無いモノ”で音楽を作る方法を学んでいただきます。音楽を作ったことが無いという方、またパソコンが苦手な方でも楽しみながら受講していただけると思います。また、親子での参加も大歓迎です。是非ご参加ください。

・ワークショップ内容:
1.デンシオンキョウオンガクとは? 
2.持参したモノを使って音を出す 
3.録音する
4.音を編集・加工する 
5.作曲する 
6.発表会

・場所:
大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス24F)セミナールーム2

・参加費:
無料  

・定員:
10名

・講師:
大阪芸術大学 講師 石上和也、泉川秀文

・主催:
大阪芸術大学通信教育部

・持参して頂くもの:
何か音の鳴るもの(例:空き缶など)、パソコン(Windows or Mac)、ヘッドフォン、USBメモリ 
*持参が困難な場合は申込み時にご相談ください

・お申込み方法:
お申込み時に、お名前、ご連絡先(メール、電話番号)、ご持参されるパソコンがWindowsかMacかをお知らせください。*可能であればOS(Windows 7, 8、MacOSX10.9 等)もお知らせください。*パソコンが苦手、音楽経験が無い、といったこともお知らせ頂けるとありがたいです。

・問合せ・申込み:
大阪芸術大学通信教育部
tsukyo@osaka-geidai.ac.jp
0721-93-3759 (受付時間 平日 am9:30~pm5:00 土曜日 am9:30~pm12:00)

================================================

電子音響音楽家シリーズ第2回 かつふじたまこ 〜世界に耳を澄ます〜

電子音響音楽家シリーズ第2回 かつふじたまこ 〜世界に耳を澄ます〜  
コネクタテレビで配信中です。Youtubeでも閲覧可能です。

CCMC2015

いつもギリギリの告知ですが、
明日から東京で開催されるCCMC2015のお知らせです。

明日28日 15:30〜 第2部 アクースモニウム・ライブ・コンサート2で、拙作「YAOYOROZU 2ch-version」を上演いたします。

招待券ありますので、ご希望の方はご連絡ください。

===========================================
CCMC2015_omote.jpg
CCMC2015_ura.jpg

CCMC2015
Contemporary Computer Music Concert
マルチ・チャンネル・スピーカー・オーケストラによるアクースモニウム・ライブ
Concert diffusé par l’orchestre des haut-parleurs / Acousmonium-Live

日時:2015年2月25日(水)
会場:アンスティチュ・フランセ関西 稲畑ホール
Le 25 février 2015 à la Salle Inabata de l’Institut Français JAPON-KANSAI

日時:2015年2月28日(土)、3月1日(日)
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
Le 28 février et le 1er mars 2015 à l’Espace Images de l’Institut Français
JAPON-TOKYO

主催:アンスティチュ・フランセ東京、アンスティチュ・フランセ関西、音と音楽・創作工房116(ACSM116)
協力:MOTUS、甲斐の匠・小田切
Organisé par : l’Institut Français de Tokyo, l’Institut Français de Kansai, ACSM116
En collaboration avec MOTUS et Kaï no Takumi・Odaguiri

===========================================

2015年2月25日(水)アンスティチュ・フランセ関西 稲畑ホール
Le 25 février 2015 à la Salle Inabata de l’Institut Français JAPON-KANSAI

18:30 第1部 アクースモニウム・ライブ・コンサート1
Concert Acousmonium-Live 1
檜垣智也 HIGAKI Tomonari、大塚勇樹 OTSUKA Yuki(MOTUS賞2012受賞)、永松ゆか NAGAMATSU Yuka(FUTURA賞2013受賞)、
牛山泰良 USHIYAMA Taira(FUTURA賞2014受賞)、
クリスチャン・ザネジ Christian ZANÉSI(招待作品):「Paysage électronique avec train – 電車を伴う電子風景」

19:30 第2部 アクースモニウム・ライブ・コンサート2
Concert Acousmonium-Live 2
レジス・ルヌアール ラリヴィエール – Régis RENOUARD LARIVIÈRE(招待作曲家)
1.「FUTAIE – フュテ」 2. 「ESQUIVE – エスキーヴ」
3.「CONTRÉE – コントレ」

===========================================

2015年2月28日(土)アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
Le 28 février à l’Espace Images de l’Institut Français JAPON-TOKYO

14:30 第1部 アクースモニウム・ライブ・コンサート1
Concert Acousmonium-Live 1
菅谷昌弘 SUGAYA Masahiro、RAKASU PROJECT、林恭平 HAYASHI Kyohei、
長瀬元應 NAGASE Gen、宮木朝子 MIYAKI Asako

15:30 第2部 アクースモニウム・ライブ・コンサート2
Concert Acousmonium-Live 2
岡本久 OKAMOTO Hisashi、渡辺愛 WATANABE Ai、由雄正恒 YOSHIO Masatsune、
仲條大亮 NAKAJO Daisuke、石上和也 ISHIGAMI Kazuya

16:30 第3部 アクースモニウム・ライブ・コンサート3
Concert Acousmonium-Live 3
柴山拓郎 SHIBAYAMA Takuro、坂野伊和男 BANNO Iwao、大久保雅基 OHKUBO Motoki、
永野隆満 NAGANO Takamitsu、鈴木悦久 SUZUKI Yoshihisa

17:30 第4部 アクースモニウム・ライブ・コンサート4
Concert Acousmonium-Live 4
足本憲治 ASHIMOTO Kenji、高橋哲生 TAKAHASHI Tetsuo、かつふじたまこ KATSUFUJI Tamako、
平野砂峰旅 HIRANO Saburo、森田信一 MORITA Shinichi、高野大夢 TAKANO Hiromu

18:45 第5部 アクースモニウム・ライブ・コンサート5
Concert Acousmonium-Live 5
葛西聖憲 KASAI Masanori、泉川獅道 IZUKAWA Shido

20:00 第6部 アクースモニウム・ライブ・コンサート6
Concert Acousmonium-Live 6
レジス・ルヌアール ラリヴィエール – Régis RENOUARD LARIVIÈRE
(招待作曲家)
1.「FUTAIE – フュテ」 2. 「ESQUIVE – エスキーヴ」
3.「CONTRÉE – コントレ」

21:00 カクテル・パーティー Cocktail

===========================================

2015年3月1日(日)アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
Le 1er mars 2015 à l’Espace Images de l’Institut Français JAPON-TOKYO

15:30 第1部 公募入選コンサート1
Concert 1 “Œuvres sélectionées par CCMC2015
李英姿 LI Yingzi、猪爪達 INOTSUME Toru、岩瀧明日 IWATAKI Sayaka、
天野知亜紀 AMANO Chiaki、新居正教 ARAI Masanori

16:30 第2部 公募入選コンサート2
Concert 2 “Œuvres sélectionées par CCMC2015

野津圭子 NOZU Keiko、畔柳佳奈 KUROYANAGI Kana、松浦優
MATSUURA Yu、岸優美子 KISHI Yumiko、松木智弘 MATSUKI Tomohiro

17:30 第3部 公募入選コンサート3
Concert 3 “Œuvres sélectionées par CCMC2015
清水慧 SHIMIZU Kei、清水和貴 SHIMIZU Kazuki、市原義己 ICHIHARA Yoshiki、
岡村桃歌 OKAMURA Momoka、大野雅夫 OONO Masao

18:30 第4部 公募入選コンサート4
Concert 4 “Œuvres sélectionées par CCMC2015
清水慶彦 SHIMIZU Yoshihiko、小磯晋 KOISO Susumu、今堀拓也 IMAHORI Takuya、
田中康治郎 TANAKA Kojiro、梅沢英樹+網守将平 UMEZAWA Hideki+AMIMORI Shohei、
パク ヒョヒ+ユ ジェソン PARK Hyeonhee +YOU Jaeseong

19:30 第5部 アクースモニウム・ライブ・コンサート7(招待作品)
Concert Acousmonium-Live 7
1.ヴァンサン・ロブフ Vincent LAUBEUF:「Les oreilles d’Hoichi – 芳一の耳」
2.ドニ・デュフール Denis DUFOUR:「Création – 新作」

20:00 第6部 2014年度「MOTUS賞」、「FUTURA賞」、「ACSM116賞」の発表と授賞式 Remise des Prix 2014
「MOTUS賞」発表:ヴァンサン・ロブフ par Vincent LAUBEUF
「FUTURA賞」発表:ドニ・デュフール par Denis DUFOUR
「ACSM116賞」発表:審査委員長 レジス・ルヌアール ラリヴィエール par Régis RENOUARD LARIVIÈRE

チケット・インフォメーション
日時:2015年2月25日(水)
会場:アンスティチュ・フランセ関西 稲畑ホール
Le 25 février 2015 à la Salle Inabata de l’Institut Français JAPON-KANSAI
〒606-8301京都市左京区吉田泉殿町8
Tel.075-761-2105 Fax.075-761-2106 http://www.institutfrancais.jp/kansai/
¥500

日時:2015年2月28日(土)、3月1日(日)
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
Le 28 février et le 1er mars 2015 à l’Espace Images de l’Institut Français JAPON-TOKYO
〒162-8415東京都新宿区市谷船河原町15
Tel.03-5206-2500 Fax.03-5206-2501 http://www.institutfrancais.jp/tokyo/
会員・学生 / Membres et Étudiants
一日券 / pour 1 jour :¥1.000/二日通し券 / pour 2 jours :¥1.500
一般 / Non-membres
一日券 / pour 1 jour :¥1.500/二日通し券 / pour 2 jours :¥2.500

CCMC2015 (2015年2月28日(土)~3月1日(日)@アンスティチュフランセ東京)
審査委員長には、フランスの作曲家、レジス・ルヌアール・ラリヴィエールさんをお招きすることになりました。
CCMC2015でのレクチャーコンサートも予定しています。
The Jury President for CCMC2015 is a French composer, Mr. Régis Renouard Larivière. He will also give a lecture concert at CCMC2015.

レジス・ルヌアール・ラリヴィエールRégis Renouard Larivière
1959年、フランスのパリで生まれる。1984年にAdac-GRMでジャック・ルジューヌとフィリップ・ミオンのワークショップを受け、アクースマティック音楽に開眼する。1990年より教壇に立ち、現在はパリ第7区立エリック・サティ音楽院と、ベルギーのモンス王立音楽院で教えている。作曲活動の傍ら、電子音響音楽の作曲家やシェフェールの音楽概念に関する文章も執筆。作品《Futaie》は1996年、アルスエレクトロニカ賞を受賞した。David Braunの映画作品「Polichinelle」(2007年)で音楽を担当した他、「語るアクロバット芸人」Audrey Barrin の舞台Bethsabéeの音楽を手がけた。彼女の次の舞台Désertéeeの音楽も現在準備中。

Born in Paris in 1959, he decided to devote himself to acousmatic composition after a workshop of Adac-Grm with Jacques Lejeune and Philippe Mion. Today, he teaches at the Conservatoire Erik Satie (Paris VII) and the Royal Conservatory of Mons, Belgium. He wrote much about the electro-acoustic composers and the Schaefferien concepts. His piece Futaie was awarded the Ars Electronica in 1996. His work consists of some 15 pieces. He wrote the music of the movie Polichinelle by David Braun in 2007. He is collaborating since 2008 with the “playing contortionist” Audrey Barrin, and wrote the music of the spectacle Bethsabee. He is now preparing for the music of her new spectacle Desertee.

Né le 3 décembre 1959, à Paris. Il décide de se consacrer à la composition acousmatique à la suite du stage Adac-Grm qu’il suit, fin 1984, avec Jacques Lejeune et Philippe Mion. Il enseigne depuis 1990, et actuellement au Conservatoire Erik Satie (Paris VII) ainsi qu’au Conservatoire Royal de Mons, en Belgique. Il a écrit de nombreux articles consacrés à différents compositeurs électroacoustiques, ainsi qu’aux concepts schaeffériens (dont notamment les notices des coffrets de l’Ina consacrés à Parmegiani, Bayle et Schaeffer). Sa pièce Futaie a obtenu le prix Ars Electronica en 1996. Son catalogue comprend une quinzaine de pièces. Il a également travaillé pour le cinéma, signant, en 2007, la musique du Polichinelle de David Braun. Enfin, il collabore, depuis 2008, avec la “contorsionniste parlante” Audrey Barrin, réalisant la musique du spectacle Bethsabée, et travaillant à celle de La Désertée, actuellement en préparation.

===========================================

石上和也の電子音響音楽講座vol1~5

奈良のインターネットTV [DEERs Nara Channel]、大橋了久さんの[美音世界]でコーナーを持たせて頂いてます。
「石上和也の電子音響音楽講座」というベタなタイトルのコーナーです。

放送が終了した分のVol.1〜5までYoutubeにアップしています。













DEERs NARA Channel
http://www.deers-nara.com/
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

trash&rubbish-man

Author:trash&rubbish-man
石上和也 Kazuya Ishigami
作曲&即興演奏.電子音楽&ノイズみたいな音楽.

http://kazuyaishigami.bandcamp.com/
http://soundcloud.com/kazuya_ishigami
http://www.myspace.com/kazuyaishigami
http://www.neus318.com
https://twitter.com/daru_in
Facebook

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード